効率的に働くために

電話をしている女性

始めに、家庭教師の求人を探す方法としてはどのようなものが挙げられるのでしょうか?その方法は大きく分けて二つに分けられます。
まず一つ目に、大手の求人サイトを仲介し、直接、家庭教師紹介の企業に登録をすることで、その企業から生徒を紹介してもらう方法。
二つ目に、企業を介することなく直接、生徒の家庭と契約する方法です。
この二つの方法には、それぞれメリット、デメリットが存在します。
まず、求人サイトを介して家庭教師の求人を探す場合、メリットとしてあげられることは、やはり求人サイトを通しているだけあり、生徒の登録数が多いです。
生徒の登録数が多い場合、例えば教師側が、英語のみを教えたいという場合でも、そのような条件にあった求人が探しやすくなります。
次にデメリットとしてあげられることは、求人サイト、そして家庭教師の派遣をしている企業を通して派遣先を得ている分、仲介料や紹介料が発生します。
また、毎授業後に、その日の授業報告をしなければならないケースが多く、授業外での仕事が増えます。
次に、教師側と生徒側が直接契約する場合のメリット、デメリットを上げていきます。
まずメリットとしては、直接契約している分、仲介料等がかからず、授業後の授業報告も必要ありません。
また、授業単価を比較的自由に設定しやすくなります。
当然その場合の授業単価は高学歴な方ほど高額になる傾向があるようです。
次にデメリットとしては、直接契約しなければならない分、案件が少ないです。
そのため、特定の教科のみの案件を希望する場合、案件が見つけにくくなります。
そのため、それぞれの求人タイプの善し悪しをしっかり把握することが大切になります。

メモを取りながら電話をしている女性

メリットデメリットを知ろう

家庭教師のアルバイトをおこなう場合に、どのようなメリットやデメリットがあるのか?そうしたことを適切に把握して働くようにすると働き始めてから後悔するようなこともなくなるでしょう。

Pcを操作している女性

記事一覧

「家庭教師のバイトを始める場合のポイントと効率化について」の記事一覧です。