面接を受けてみよう|家庭教師のバイトを始める場合のポイントと効率化について

面接を受けてみよう

椅子に座るスーツの女性

求人に応募し、家庭教師登録業社で面接を受ける。
または直接、生徒のお宅に面接をしに行く場合の注意点をあげたいと思います。
この場合、求人サイトを使用した場合も直接契約をした場合も大きな違いはありません。
しかし、直接契約をする場合は、より、初対面での印象には気をつける必要があります。
というのも、家庭側は企業(求人サイト)を通して契約するわけではない為、何かトラブルがあった場合、求人サイトは対応してくれない為、そのトラブルに家庭側が直接、対応しなければなりません。
その為教師は、生徒、そして生徒の両親に信頼してもらうことができるよう、しっかりと準備しなければなりません。
まず身だしなみの面では、当然、染髪はNGです。
染髪をしている場合、これから生徒を任せる身としては、なかなか気持ち良く任せる気にはなりません。
また、基本的なことですが、受け答えはハキハキとすることが重要になります。
ハキハキとしているかいないかで相手側の印象は大きく変わってきます。
そして、特に重要なこととしては、生徒の両親としっかり、指導内容について確認しておくことです。
仮に、両親としては、授業進路を早く進めて、課題もそれなりのものを出して欲しいと希望しているのに、教師が、ゆっくりとしたペースで授業を進め、課題も一問一問じっくり考えさせようという意向で授業をしていると、仮に成績が振るわなかった場合、そのことが原因でトラブルに発展してしまう可能性があるからです。
当然、生徒の気持ちも考慮することは重要な為、生徒、両親、教師がしっかりと授業内容について話し合う時間を設けることは面接の際に非常に重要になります。